毛皮製品を英語で表すと

毛皮製品を英語で何というか、皆さんはご存知でしょうか。 一般的に毛皮のコートやマフラーなどに使われているふんわりした物は、Fur(ファー)と呼ばれています。コートであればa fur coat、襟巻きであればa fur stoleまたはa fur pieceとなります。 また、中にはラクーン(raccoon)という英語表示を見かけることもありますが、こちらはアライグマの毛でできた製品のことを指しています。以前はタヌキの毛もラクーンと呼んでいましたが、現在ではアライグマとの混同を避けるためにタヌキと表示されています。愛好家に人気の高いミンクについては、a minkでミンクの毛皮を指します。つまり、ミンクのコートであればa mink coat、ミンクの襟巻きはa mink stoleとなります。 fur以外ではpelt(ペルト)やpelage(ペリジ)といった表記となっている場合もありますが、どれも意味は同じで毛皮のことを指しています。 毛皮製品の購入などで海外のサイトを参考にされる場合には、こういった英語表記の細かい区別については知っておいた方が何かと便利です。