毛皮の生産方法はそれぞれ違う

毛皮の製品は肉食動物に草食動物などいろいろな動物から生産が行われますがそれれらの方法は動物によって異なります。 まずコートにマフラーなどの定番の製品になるうさぎやきつねにたぬきあるいは小動物の場合には養殖で毛皮の生産を行っている場合が多くある程度の大きさになるまで育ててから利用するケースが殆どです。養殖できる動物の場合にはスペースと飼料さえあれば短期で大量生産ができるためこうした毛皮から作られた商品は安く購入できます。次に肉食動物や大型動物などから生産される毛皮の場合には狩猟で採取されることが多くなっています。狩猟で採取されるものの場合には不定期での生産になってしまうため毛皮としてもレア商品として売られる場合が多く販売価格もかなり高額になるのです。狩猟でとる場合には年間獲っていい頭数も決められているのでこうした事情も価格に反映されています。毛皮の生産方法は動物によって違うので多様性があります。