毛皮のポンチョにはいろいろな動物が使われる

普段着る衣類の上に羽織るポンチョには毛皮が使われている製品も多く存在します。 それらは価格によって原材料の動物も大きく違い肌触りや質感などにも違いがあります。まずポンチョに用いられることが多い動物は低価格帯の製品ならば狐やチンチラにうさぎです。これらの毛皮は生産が用意であり人工的に繁殖させることも可能なため広くつかわれています。低価格帯の毛皮のポンチョの場合にはこれ以外にもカシミヤやウールなどが一部につかわれています。中価格帯から高価格帯の商品になってくるとヒョウやトナカイなどの毛皮が使われている製品が多くなります。これらは1頭の毛皮をまるごと使うためデザインが大胆でダイナミックな場合も多く全体的にみてもゴージャスなイメージのポンチョです。このように動物由来のポンチョには大小問わず様々な動物が原材料となっているのでこれから購入する場合には好みの質感のものなどから毛皮のポンチョを選んでみましょう。