ウサギの毛皮の作り方とは?

寒い冬にはマフラーやコートが必須ですよね。一般的にマフラーやコートに使われているのは化学繊維と動物の毛の2種類です。そして、動物の毛皮の中でも長い間人気を誇っているのが「ウサギ」です。 ラビットファーの作り方にはいくつもの工程があります。まず雪山などで狩ったウサギを生きたままの状態で内臓や胃、腸などを取り出し、血抜きをします。余った肉や骨などは食べ、残った毛皮をなめしにしていきます。なめしとは、動物の皮の腐敗を防ぎ、皮を柔らかくして耐久性を加えることです。毛皮はなめし溶液(焼きミョウバン、塩、水をあわせたもの)に一週間ほどつけて完成します。 このようにしてウサギの毛皮は作られているのですが、毛皮の作り方が少々残酷と感じた方もいると思います。しかし、動物の毛皮はほとんどがこのような作り方をしています。この作り方を知っていると、自然と共存していることを実感して過ごすことができるのではないでしょうか。