毛皮を買取・リサイクルにだすならここ

毛皮をしっかりお手入れして保管する

蛍光灯や日光から発生する紫外線は毛皮が変色したりネオン焼けする原因になります。そこで、お手入れとして通気性があるカバーやバスタオルを掛けて光やホコリを通さないようにして保管しましょう。また、防虫剤を活用するのも大切ですが、複数の種類を同時に利用すると化学反応によって毛皮にシミができることがあるので気をつけましょう。 毛癖が付いてしまったら濡れたタオルで毛先を軽く濡らしたり、霧吹きで水をかけてお手入れをしましょう。その後、手などで毛並みをしっかりと整えて日陰で乾燥させるとよいです。次に雨や雪によって濡れてしまった場合は、タオルで優しく丁寧にふいて日陰でよく乾かしてから保管をしましょう。水分を大量に吸った毛皮は破れたり、なめしが戻ることで硬化することがあるのでお手入れはとても重要になります。 もしジュースをこぼして毛皮にシミができそうならば、毛皮も対応できるクリーニング店に早めに持っていきましょう。